企業を応援するための長期投資

Filed under: 投資全般 — admin on 2014年10月11日

平成の人が考える投資と、昭和の人が考える投資というのは、恐らく違っているのではないでしょうか?というのも、最近の投資というのは短期投資がトレンドとなっており、やはり短期間で利益を出すということが求められている風潮があります。FXの流行やデイトレードの増加などはその潮流をまさに表しているということが出来るでしょう。これらは1日単位でも利益と損益が現れる投資の方法です。

しかし、かつて投資といえばこういった瞬間的なものではありませんでした。多くは長期投資と呼ばれるものであり、株式を長期的に保有しておくことで、後々その会社が発展した時に利益を得るというものだったと言えます。バブル期の不動産などの例外こそありますが、基礎には企業の応援というものがありました。

現在でも、こういった投資を行うことは不可能ではありません。株式が電子化されてしまったために手元に紙の株券が手に入らないというのは少々残念な気もしますが、長期投資でもって一つの会社への投資を行うというのは十分可能です。

資産運用としての効果を期待する投資は勿論重要ですし、多くの人が行うべきことではありますが、そうではない長期投資というものについても考えてみるといいでしょう。

面白いほどよくわかる投資情報はこちら!